スペインの毎週末の楽しみだったこと

スペインに留学していた頃、これはアメリカや他のヨーロッパ諸国でもよくある習慣なのですが、夏になると週末は野外で映画を上映します。

もちろん、これは無料です。

ただし、椅子などは一切用意していませんから自分で椅子を持って行ったりシートを用意したりします。

スペインでもシネ・デ・ベラーノといって、直訳すると夏の映画なのですが、夏だけ野外上映をするのです。

大体金曜や土曜の夜、し蚊も暗くなってからですから21時か22時から始まるのですが、それに行くのが楽しみでした。

これはもちろんすべてスペイン語の吹き替えになっていますから、最初のうちは正直何を言っているのかさっぱりわからなかったのですが、どんどん通ううちにスペイン語が聞き取れたり理解できたりでき、それだけで自分のスペイン語能力が上がっているのだなと感じることができ、ダブルでうれしい思いをすることができる行事でした。

アルコールも安く提供されていたので貧乏留学生にとってはありがたい場でした。

バンクーバーで英語を学ぶ