~ロンドン語学留学 失敗編~

さて、ロンドンに着いて数日経ったある休日。

ヨーロッパって私のイメージだと隣国が隣り合わせで、

すぐに海外旅行できちゃうイメージ。イギリスには来たものの、せっかくなのでヨーロッパ諸国をまわってみたい!という計画がありました。

ということで王道の海を越えてのフランスのパリへ向かうことに!

やっぱりパリは一度は訪れてみたい!

今回はユーロスターで移動を決定。

特等席はもちろん無理だけど、綺麗な列車なので普通席でも十分。

いざパリに着くも、日帰りを予定していたので、

急いで観光!

エッフェル塔はもちろん、おいしいレストランや雑貨屋さんをたくさんまわる、

予定でした。

パリでの移動手段はもっぱら電車。

都会なので入り組んでおり乗り換えを念入りにシュミレーションして乗ります。

が!!

待てど暮らせど電車が来ない!

やっと乗れたとしても乗換駅でまた来ない。

工事をしているものもあれば、遅れているのか何なのか全く分からないものも。

予定していた観光の半分も回れませんでした。

ヘトヘトになり、またユーロスターで帰ろうと主要駅までまた電車で移動。

悪い予感がします。

そうです、電車がまた来なくて、予約していたユーロスターに乗り遅れそうになる事態に!!

主要駅に到着してダッシュでホームまで向かいます。

目の前には予定していたユーロスターがまだいます!

早く早くと改札を通ろうとしますが・・。

ここは異国。

出国手続き等でスムーズには通してくれず・・。

英語はまだまだ初心者、フランス語なんて全然できないのに、

今の状況を知ってもらうべく、

ジェスチャーとカタコト英語で説明します。

ですがフランス人。

ニコリともせず「NO」の一点張り。

今考えれば当たり前なのですが、

手と手を合わせた仏教的?な懇願をして

「プリーズプリーズ」

と言いまくっても通してくれず、

予定していた電車は出てしまいました。

週末、混雑しているユーロスター。

ロンドンに着く頃は終電があるのかわからない時間。。

それでも仕方なく次のユーロスターに乗って帰りました。

※ロンドンについてからはタクシー乗りました。

日本では当たり前に来る電車も海外では通用しない、

というか想定範囲外まで予想がつかない(来なかったりもした)ということを学んだ一日でした。

セブ島留学エージェントなら、セブ留学メディア

留学の費用まとめ3−2
ショッピングカート
女性の人生